エダンズのサービス

世界基準のサービスで、研究発表を包括的にサポート

英文校正

原稿を国際ジャーナルが求める言語水準に高める


こんな時にご利用ください

  • 研究内容を正しく自然な英語で簡潔に記述したい
  • 投稿規定どおりに書けているか不安


詳細はこちら

カバーレターの作成

ジャーナル編集長の注意を
引きつける


こんな時にご利用ください

  • 編集長が論文を読みたくなるカバーレターを送りたい
  • 必要事項を網羅したカバーレターを送りたい


詳細はこちら

事前査読

本番査読前に論文をさらに
強固にする


こんな時にご利用ください

  • 論文採用の可能性を同分野の研究者に精査してほしい
  • 研究データの提示法が適切か専門家に見てもらいたい


詳細はこちら


目標ジャーナルの選択

ジャーナルの基本情報を
簡潔かつ網羅的に把握する


こんな時にご利用ください

  • 採用される可能性がより高いジャーナルを知りたい
  • 現状の論文を投稿可能なジャーナルが知りたい


詳細はこちら

査読者の推薦

論文に好意的な査読者を
ジャーナルに推薦する


こんな時にご利用ください

  • 適切な査読者を推薦し、論文採用の可能性を高めたい
  • 投稿規定が定める適切な査読者をすみやかに選びたい


詳細はこちら

アブストラクトの作成

論文のより良い第一印象を
読者に与える


こんな時にご利用ください

  • 読者を惹きつける洗練された文章で研究をまとめたい
  • 新規投稿に相応しくアブストラクトを書き換えたい


詳細はこちら

Edanz Journal Selector

28,000誌以上のジャーナルと7,500,000以上のアブストラクトを、
キーワード、分野、ジャーナル名、出版社、アブストラクトで検索


※Journal Selectorイメージ図。上の画像をクリックするとJournal Selectorページへジャンプします。

Edanz White Papers

ESL著者の論文採用率を高める

BioMed Central社、エダンズ グループによる白書

BioMed Centralとエダンズは2011年にパートナーシップを結んで以来、

英文校正やワークショップ、Eラーニングを通して英語を母国語としない

研究者をサポートしています。 両社は共同で、エダンズでの英文校正後に

BioMed Centralジャーナルに投稿された論文232本の採否について
調査を実施しました。

白書全文を読む(本文は英語です)

ご依頼からご返却までのプロセスお見積り / ご依頼

お客さまからのご依頼後、品質チェックを実施の上
お客さまに原稿をご返却いたします。
必要に応じて2回目の校正も無料で承っております。

通常納期:3営業日

論文採用率を高める
エダンズの英文校正お見積り / ご依頼

2014年11月に発行された
BioMed Central社の白書では、
日本人著者の一般的な論文採用率が
44%であるのに対し、
エダンズの校正を受けた論文は
75%に達していることが
明らかになりました。

詳しく読む(本文は英文です)

出版社パートナー

カバーレターの作成プライスダウン!

カバーレターの作成が15,000円から5,000円になりました!
カバーレターは論文の重要性をジャーナル編集者へ効果的に訴えます。
英文校正と一緒にぜひご利用下さい。

サービスの詳細はこちら

エダンズのエディター

Daniel Wheeler
2009 - DM Patient Safety in Critical Care Medicine and Anaesthesiology, University of Oxford

専門分野
Clinical Sciences, Medical and Health Sciences

その他のエディターを見る

エダンズのエディター

Adam Brotchie
2010 - PhD Physical Chemistry, University of Melbourne

専門分野
Physical Chemistry

その他のエディターを見る

エダンズのエディター

Helen Lin
2010 - PhD Social Psychology, University of Houston

専門分野
Psychology, Communication, Cognitive Sciences

その他のエディターを見る

専門分野のエディター検索

専門分野のエディター検索

  • 検索
  • または
  • 検索

機関・法人様対象サービス

エダンズは各種機関•法人様向けのサービスも
ご提供いたしております。
詳細は下記のリンクからそれぞれ
ご覧いただけます。


機関向け研究推進包括ソリューション

国際舞台で活躍する研究者向けセミナー