科学者や臨床医は、研究、とりわけヒトや動物を対象とした研究を実施する上での倫理について理解しておかなければなりません。ほとんどの研究では、研究の実施前に、組織委員会からプロトコルの倫理的承認を得なければなりません(国際的にガイドラインが設けられています)。医療コミュニケーション機関の利用を含めた出版実務、著者であるという主張、内容の複製、データの妥当性に関するガイドラインも存在しています。非倫理的な行為はリジェクトにつながり、ジャーナルから出版を禁止される場合もあります。しかし、非倫理的行為には何が含まれ、どうすれば回避できるでしょうか。

 

次の行為は非倫理的であるとみなされています。

  • 研究中のヒトおよび動物に対する不適切な扱い
  • ふさわしくない著者が含まれている
  • 1つの論文を同時に複数に投稿
  • 余剰出版
  • 剽窃
  • データの捏造、改ざん
  • 利益相反の非公開

 

技術者であれ臨床医であれ、科学者として何が倫理的で何が非倫理的であるかを意識することが重要です。倫理的な行為は、仲間の研究者、同僚、ジャーナル編集長から支持されるでしょう。しかし非倫理的な行為は、助成金の打ち切りや、解雇、ジャーナルからの出版禁止、法的手続きにつながる可能性があります。

ヒトを対象とする実験

著者の資格

多重投稿

余剰出版

剽窃、捏造、偽造

データの捏造と偽造

利益相反

エダンズSNSアカウント


2017年3月に公式アカウントを開設しました!