学術研究や学術論文の執筆・作成に携わる者にとって、倫理規定の遵守は不可欠です。
ICMJECOPE、またはEASEといった団体が定める倫理規定に基づき、ジャーナルは出版活動を、研究者は研究を行います。

 

エダンズはCOPEの会員として、業界が現在則っている出版および研究倫理基準を遵守し、研究者の皆様に、透明性のある倫理的に適切なサービスと、論文に関連して生じる倫理問題に対するガイダンスを提供しています。

 

エダンズのサービスは論文採用を保証するものではありません

いかなるジャーナルに投稿する場合でも、エダンズのサービスを利用することは必須ではなく、サービスを受けることによって採用が保証されるわけでもありません。

エダンズの取り組み

  • COPEの活動に参加
  • EASEとの協働による著者規定の日本語翻訳
  • 出版倫理をコンテンツに含む著者向けワークショップの定期的な開催
  • 出版社パートナーとの定期的な確認に基づく倫理規定に関する最新情報の更新
  • 論文について倫理的問題が生じた場合の著者への適切な助言
  • 著者資格(Authorship)と利益相反についての助言
  • CONSORTやSTROBEに則って執筆された臨床論文の適切な校正
  • 論文内容に関するすべての決定を著者に一任

 

エダンズでの禁止行為

  • 剽窃された文章の校正
  • 出版倫理に反する行為と知りながら次の行為への加担
    • 資格外の人物を著者とする
    • 利益相反の操作
    • 二重投稿
    • 複数のジャーナルへの同時投稿
    • データの捏造、改ざん

 

エダンズのサービス

出版倫理規定に則ったサービス

剽窃

エダンズの剽窃に対するポリシー

その他の情報

エダンズのサービスや倫理規定についてのご質問には、次の倫理担当専門家がお答えします。エダンズに現在依頼中、または依頼後の論文に関するご質問がございましたら、顧客サービス担当までご連絡ください。

 

出版や論文発表の倫理に関する包括的なガイドラインは、次をご覧ください。

教育的出版倫理に関する詳細こちら

 

COPE logo2013年より加入

Trevor Lane, PhD

エダンズ出版倫理専門家
教育ディレクター・上級出版コンサルタント
Qualifications
1995 - PhD Physiological Sciences, University of Oxford, UK

2016年7月より学術雑誌の出版倫理推進において中心的な国際組織である出版倫理委員会(COPE)の理事を務める。
これまで様々な学術、研究、商業機関においてジャーナリズムや出版業務に携わり、複数のアジアの医学誌の編集長、米国の社会科学誌の編集主任、香港大学の非常勤講師などを歴任。エダンズでは大学の研究者や学生を対象とする教育セミナーを担当し、リサーチコミュニケーションや出版倫理について講演を行う。
出版倫理委員会(COPE)、世界医学雑誌編集者協会(WAME)、 Institute of Scientific and Technical Communicators、国際英語教育学会(IATEFL)のメンバー。

エダンズSNSアカウント


2017年3月に公式アカウントを開設しました!