経験から言えること

8万本以上の原稿を校正してきた経験から、ジャーナル編集者や査読者が認める英語レベルに達するには1回の校正では不十分な場合があると言えます。そこでエダンズでは2回目の校正も通常のシステムとして含めています。

2回目の校正

2回目の校正が発生するのは、お客さままたはエディターから確認事項がある場合です。エディターは適宜、原稿内にコメントを残しています。お客さまが校正内容に疑問・質問がある場合、またはエディターのコメントに対して回答する、もしくは原稿を修正する場合に、ご希望に応じて2回目の校正を実施します。
2回目の校正は、1回目の校正原稿ご返却後60日以内にご依頼いただいた場合にのみ無料です。(ただし、一回目の校正原稿ご返却後の変更量により追加料金が発生する場合もあります。)
60日を越えての2回目校正のご依頼、また同原稿に対する2回目以降の更なる校正のご依頼には料金が発生いたしますので、ご了承ください。
2回目の校正は、投稿前の原稿に限ったサービスとなります。投稿後は「再校正」として承ります。

 

エダンズのサービスシステム

適したエダンズサービスの検索

どうすれば採用率が高まりますか?

論文の状態をお知らせください。状況に応じて役立つツールやサービスをお勧めいたします。

NoYes
submitted
NoYes
peer_reveiew
NoYes
A - Responding to Peer Review
B - Journal Selection
target_a
NoYes
C - Submission
D - Journal Selection
outline
NoYes
target_b
NoYes
E - Writing
F - Journal Selection
target_c
NoYes
G - Before you begin
H - Journal Selection
tmp
reset
Loading...

英文校正に対するエダンズの保証

エダンズグループの代表として、エダンズの専門家エディターの校正の質は代表取締役である私、ケリー・グリアーが保証いたします。ご返却した原稿の質に疑問を抱かれる場合はご連絡ください。

質問はございませんか?

エダンズSNSアカウント


2017年3月に公式アカウントを開設しました!