エダンズの教育ディレクター・上級出版コンサルタント トレバー・レーン博士が皆さまの論文を校正する中で気が付いた、よくある文法の間違いについて取り上げます。


第3回目は、関係代名詞「which」の使い方についてより詳しく考えてみます。


次の4つの例文のうち、研究論文に適しているのはどれでしょう?


(1) Most of the respondents were students. Which is understandable because the posters calling for volunteers were displayed mainly at our university.


(2) The interviewees, of which most were postgraduates, were first asked to complete a questionnaire.


(3) All questionnaires, through which we went twice, were complete and were included in this study.


(4) The questionnaire answers provided useful information on strategies of coping with different types of stress, which are summarized below.



上記の例文は関係代名詞節を含み、関係代名詞「which」によって先行する名詞や節について述べています。しかし、どの文も研究論文には適していません。


例文1は「which」で始まる関係代名詞の接続用法で、その前にある節すべてについて説明しています。しかし文を関係代名詞で始めることは口語的な表現すぎて研究論文には適していません。正しくは「Most of the respondents were students, which is understandable because the posters calling for volunteers were displayed mainly at our university」と書くべきです。


例文2は関係代名詞の非限定用法で「interviewees」を詳しく説明しています。ここでは先行詞が人であり前置詞の目的語になるため、目的格の関係代名詞「whom」を使用しなければなりません。さらに「most of whom」と書くことで「The interviewees, most of whom were postgraduates,…」のように文全体がより自然になります。


例文3も関係代名詞の非限定用法を含む文です。「to examine」を意味する「to go through」は、単語同士を切り離すことができない句動詞(動詞の役割をするフレーズ表現)であるため、「went through」を一つのフレーズで使用し「which we went through twice」という節を作るべきです。しかし「to go through」もくだけた表現であるため、研究論文では「which we reviewed twice」などが良いでしょう。


例4の「which」は何を指しているのでしょうか?先行する節に含まれたanswers、 information、strategies、types of stressもしくは先行する節全てなのか、はっきりしません。このような場合は関係代名詞を使用せずに、次のように新たな文で言いたいことを明確にしましょう。 例:The most commonly cited strategies are summarized below.



【Quick Tip】 どちらが正しいでしょうか?

Our university has a new (1) stationary / (2) stationery shop.


どちらの単語も同じ発音「ステーショナリー」です。(1)stationaryは「静止した」という意味を持つ形容詞であるため、「文房具」という意味の名詞(2)stationery が正しい単語です。(2)stationeryはenvelopesの「e」と覚えましょう!




Language tips prepared by Dr Trevor Lane, Education Director & Senior Publishing Consultant, Edanz Group