エキスパート英文校正

    

 

リファレンスの校正は可能です。ご依頼の際にお申し付けください。

 

リファレンスの校正では、原稿内での書式の統一は行いますが、ハーバード方式からバンクーバー方式への変換のように書式の変換はいたしません。

 

リファレンスは、文献管理ソフトを再度用いると上書きされてしまうので、EndNoteやMendeley等の文献管理ソフトを使用している場合は校正いたしません。

 

リファレンスの校正に含まれる内容

 

  • コンマ、コロン、セミコロンの挿入、削除、修正
  • ボリューム番号を太字に変更
  • 不要なスペースの削除
  • 著者名が複数人記載されている場合に、不要な著者名を"et al."に変更
  • 本文中のリファレンスの書式確認

 

リファレンスの校正に含まれない項目

 

  • 数字順からアルファベット順への変更、またその逆への変更
  • 欠如している著者名の検索、およびその著者名の挿入
  • "et al."と記載している箇所への必要な著者名の挿入
  • 著者名の名字順、イニシャル順での表示順の変更
  • 引用論文が実際に存在しているかの確認
  • 引用箇所と本文との整合性確認
  • 本文とリファレンス内の番号が一致しているかの確認

 

※上記項目およびその他変更したほうが良いと判断できる箇所には、原稿中にコメントを残しますのでご確認ください。
※上記項目について対応をご希望の場合は、別途ご相談ください。

 


スタンダード英文校正

    

「スタンダート英文校正」ではReferenceの校正は行いません。

Referenceの校正をご希望の場合は「エキスパート英文校正」をご利用ください。

エダンズ公式 SNSページ


FacebookTwitter

フォローお願いします!